相性抜群!バレンタインにも使えるワインとチョコのペアリング

目次

ワインとチョコレートは、上手く組み合わせることでお互いが影響し合い、新しい魅力の発見に繋がることがあります。しかし、その逆も然り無作為に選んでしまうとワインの酸味をより強く感じてしまったり、チョコレートの渋みが強かったりと苦い体験をするはめになるかもしれません。今回は、基本的なペアリングのコツを紹介しつつ、実際にFortifyを使ってどのワインとチョコレートが合うかをご紹介します。

ワインとチョコレートの共通点

ワインとチョコレート

以外にもワインとチョコレートには共通することがあります。それは、ポリフェノールが含まれている点です。一時、ワインに含まれるポリフェノール に抗酸化作用があるため、美容に効果があるとして話題になっていたこともありました。チョコレートの原料であるカカオとワインの原料となるぶどうのどちらにもポリフェノール が含まれており、苦味や渋みを感じる元でもあります。

カカオ豆

その他にもカカオ豆は土壌や気候によって風味が異なり、各年ごとに出来不出来があったりもします。また、カカオ豆は収穫された後、中に含まれる実とタネを取り出し発酵させ、カカオ豆の香りの成分が作られてると言われています。

このように以外にもワインとチョコレートには共通する点があり、なんだか一緒に食べても美味しそうですよね。

味覚の相性とペアリングするワイン

ワインとチョコレートのペアリング

ワインのペアリングは、基本的なルールはあれども最終的には個々人がどう感じるかが大切で、それぞれの好みに裁量があります。しかし、何をどう合わせれば良いかはある程度わかっているので、せっかく買ったワインとチョコレートを美味しく食べていただけるよう簡単にご紹介いたします。

ワインとチョコレートと合わせる時は、「同じくらい甘い、もしくは少し甘い」を意識します。これは、ワインとチョコレートが同じくらい甘いかワインがチョコレートよりも甘い物を選ぶとあまり失敗せずにペアリングすることができます。

例えば、辛口で酸味の強い白ワインとミルクチョコレート合わせたとします。すると、ミルクチョコレートの甘さが白ワインの果実味や甘さを打ち消してしまい、結果として酸味や苦味をより強く感じることになります。

その他にもフルボディーの赤ワインとミルクチョコレートを合わせると苦味強く、口の中に不快な後味が残ってしまいます。そのため、甘味がしっかりとあるチョコレートにはそれと同じくらい甘口のワインを選ぶといいでしょう。

ワインとチョコレートの組み合わせ例
ミルクチョコレート ピノ・ノワール、甘口のスパークリングワイン
ダークチョコレート ジン・ファンデル、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー
ホワイトチョコレート 半甘口のロゼスパークリング、半辛口のリースリング
チョコとフォーティファイドワインは相性が良い

フォーティファイドワインとチョコレート

フォーティファイドワインは、醸造の際にアルコールを添加することでぶどうの甘味の残るワインとなります。ポルトガルで造られるポートワインやスペインを代表するペドロ・ヒメネスなどは様々なチョコレートと相性が良いと評判が高く、お互いの風味や甘さが調和し合う事で心地よい味わいを感じることができます。

今回はFortifyで販売しているワインを6本とチョコレートを実際にペアリングし、どのチョコレートと相性が良いのか試して見ました。

フォーティファイドワイン

1. フォーティファイ・マスカット

2. ラザグレン・マスカット

3. クラシック・ラザグレン・トパック

4. オールド・クォリー・トニー

5. バスタルド

6. ヴィンテージ・フォーティファイド・2017

 

今回ペアリングで使用したチョコレートは、コンビニやスーパー等でも購入できるものをピックアップしました。

A. 明治ホワイトチョコレート

B. meiji THE Chocolate Elegant Bitter (カカオ70%)

C. meiji THE Chocolate Comfort Bitter (カカオ70%)

D. meiji THE Chocolate Velvet Milk (カカオ51% + ミルク)

E. 無印良品 チョコがけいちご

F. 無印良品 ホワイトチョコがけいちご

G. 無印良品 カカオ80% チョコレート

H. 無印良品 ホワイトチョコレート

チョコレートペアリング

さて、以下にペアリングの結果をまとめました!今回は、ある程度合いそうなもの同士を選んで実際にペアリングしています。

ワイン名 A B C D E F G H
フォーティファイ・セミヨン - - - -
ラザグレン・マスカット - - -
クラシック・ラザグレン・トパック - - -
オールド・クォリー・トニー × - - - -
バスタルド × × × × - - - -
ヴィンテージ・フォーティファイド2017 - - - -

◯ : 良い / △ : 普通 / × : 悪い / - : 未実証

マスカットを使用している「フォーティファイ・マスカット」や「ラザグレン・マスカット」は、ワイン自体が甘いためホワイトチョコレートやミルクチョコレートの甘さとマッチし、ワインから感じるドライフルーツなどの余韻とチョコレートの滑らかな甘さが心地よい後味を残します。

同様に「クラシック・ラザグレン・トパック」× ホワイトチョコレートは相性が抜群で、クリームブリュレのを食べた後のような余韻を楽しむことが可能です。

しかし、予想に反しバスタルドはあまりいい結果にはなりませんでした。今回用意したチョコレートでは渋みが強調されてしまい、チョコレートの香りも打ち消してしまうような感じでした。

最後に

フォーティファイドワインとチョコレート

今回Fortifyのワインとチョコレートのペアリングを行ってみて「マスカット系」は、甘さの強いホワイトチョコレートやミルクチョコレートと相性が良く、甘い余韻をしっかりと堪能したい時におすすめです。また、オールド・クォリー・トニーやヴィンテージフォーティファイド2017のようなポートスタイルのものは、苦味のあるダークチョコレートやフルーツ入りのチョコが最適です。チョコレートとワインに含まれるポリフェノールを同時に摂取でき、甘さが苦手な方でも楽しめる組み合わせです。ぜひ、ご自身でも色々なチョコレートとワインを組み合わせてお好きなペアを見つけてみてください。

大切な人や日頃から感謝している方へバレンタインギフトとしてチョコレートにプラスして合うワインをプレゼントはいかかでしょうか?チョコレートを楽しむ新しいスタイルとしておすすめです。


translation missing: ja.blogs.article.older_post translation missing: ja.blogs.article.newer_post