意外と知らない、甘口ワインの種類と違い

目次

甘口ワインと一概に言っても、そのスタイルや種類は様々です。おそらく一番良く身近なのは、白ワインの甘口かと思います。今回は、甘口ワインにフォーカスしどれくらいの種類、どのような違いがあるのかを簡単に紹介していきます。

良く耳にする、ワインの甘辛度とは?

ワインを評価する上で用いられる指標の一つである甘辛度。良くワインボトルの裏面に甘口や辛口と記載されています。これはワインに含まれる残糖度によって左右されます。

一般的にワインの醸造過程では、

酵母菌 + 糖分 = アルコール & 二酸化炭素

と言う具合に酵母菌がぶどうに含まれる糖を食べることで、アルコールと二酸化炭素を発生させています。最終的にこの糖分がどれだけ残るかによって甘口 〜 辛口まで幅広い味わいが生まれます。

甘味のレベル

ワインに含まれる残糖度によって甘辛度が決まります。以下の表は目安ですが、それぞれの甘辛度のレベルでリットルあたりどれくらい糖が含まれているかを表しています。

ワインの残糖度

甘さはどこから来るの?

さて、この甘さはどうやって造られているのでしょうか。Fortifyが販売する際にも「これはお砂糖を入れているんですか?」と言う質問を聞かれることがありますが、答えはもちろん「いいえ」です。

甘口ワインの多くは、ぶどう本来に含まれる糖が甘さの要因です。製法上、ぶどう糖を入れることもありますが、元を辿るとこれもぶどうから造られているものです。

上記で醸造時にどれだけ糖を残すかで甘さが変わるとお伝えしましたが、その他にも収穫時期を遅らせ完熟させたり、貴腐菌や気候の変化で甘さを作り出す方法などもあります。

ここからは、ワインの種類別にどのような特徴があるのかをご紹介します。

甘口ワインの種類

甘口ワインで良く知られているのは、白ワインやデザートワインと呼ばれる貴腐ワイン・アイスワインです。これらは使われる品種や製法が違えども原料は基本的にぶどうです。

ここでは、代表的な甘口のワインをカテゴリーごとに紹介していきます。

甘口の白ワイン

白ワイン

もっとも身近でスーパーでも気軽に購入できるのが白ワインの甘口です。ちなみに赤ワインは基本的に辛口のみなので、一旦忘れてしまって大丈夫です。

甘口の白ワインでもっとも良く知られているのは、恐らくリースリングではないでしょうか。世界の様々な地域で生産されている品種ですが、甘口は主にドイツやアメリカで造られています。

とてもアロマティックで甘口になると洋梨やアプリコット、桃やマンゴーの香りがあります。ドイツでは、ラベルを見ることで簡単に甘辛度のレベルを判別することが可能です。

甘辛度 ドイツ語 日本語
辛口 Trocken トレッケン
辛口 ~ オフドライ Feinherb ファインヘルプ
オフドライ Halbtrocken / Kabinett ハロプトロケン / カビネット
オフドライ ~ 甘口 Spatlese シュペトローゼー
甘口 ~ 極甘口 Auslese アウスレーゼ
極甘口 Beerenauslese / Trockenbeerenauslese ベーレンアウスレーゼ / トレッケンベーレンアウスレーゼ

少し呪文のように覚えにくい名前ですが、ラベルから判断できるのでお好きな甘辛度だけを覚えておくといいかと思います。しかし、ドイツ語は少し難解で覚えづらいと言う方に違う方法もあります。それは、アルコール度数から判断することです。リースリングの多くは、アルコール度数がおおよそ9%未満のものは甘口もしくは極甘口となっています。

リースリングは、あくまで1例です。この他にも沢山の美味しい甘口の白ワインがあるので、ぜひお気に入りのものを見つけてみてください。

貴腐ワイン

貴腐菌の付着したぶどう

恐らくデザートワインの中では一番有名な種類だと思われる貴腐ワイン。名前の漢字からは少し崇高な雰囲気が漂っていますが、これは貴腐菌と呼ばれる菌に感染したぶどうを使用しています。しかし、この貴腐菌が良い菌になるためには、ある一定の限られた環境下でのみのため、希少なワインでもあります。中でも代表的なものは、フランスのボルドー地方で造られるソーテルヌです。

ボルドー地方で造られるソーテルヌには、セミヨン、リーヴィニヨン・ブラン、ミュスカデルの3品種のみが使用されており、ソーテルヌは生産地域の名前です。

この貴腐菌が付着したぶどうは、表面に小さな穴を開け果実の水分が蒸発します。その結果、酸味や糖、風味が凝縮され、甘口ワインが造られます。

ソーテルヌは、強い甘さを持ちながらも同時に強い酸味があるため甘味と酸味のバランスが良いことが特徴です。

アイスワイン

アイスワインで使用されるぶどう

アイスワイン は、名前の通りぶどうが凍った状態で造られるワインです。最近では、スーパー等でも木箱に入ったものが売られているので、一度は見たことがあるのではないでしょうか。

その独特な製造方法ゆえに主な産地もカナダやドイツと寒い地域です。ぶどうの収穫時期は大体秋ころに行われますが、アイスワインで使用するぶどうは秋に収穫せず放置します。放置されたぶどうは益々熟し、糖度が上がります。冬、ぶどうが朝晩の冷え込みで凍ると収穫の時期となります。

凍った状態のぶどうを圧搾すると凍結部分と果皮、未凍結の部分を分離することができます。この未凍結の果汁は風味や糖、酸味が凝縮されており、これを使ったものがアイスワインです。

品種の持つ風味や甘味、酸味が凝縮されており、各品種が持つ独特な香りや味わいが楽しめます。

フォーティファイドワイン

フォーティファイドワイン

フォーティファイドワインは、アルコールを添加造られる酒精強化ワインです。既にフォーティファイドワインの製造法等については説明しているため、ここでは省略します。

「初めてのフォーティファイド・ワイン」はコチラ

フォーティファイドワインは辛口から甘口まであり、スペインで造られているシェリー酒は辛口の代表です。ポルトガルで造られるポートの多くは甘口で、オーストラリアで造られるものも多くは甘口です。

Fortifyで扱う全てのワインが甘口ですが、甘口から極甘口まで様々です。特にマスカット品種の生産で有名なラザグレンで造られている「ラザグレン・マスカット」には、300g/Lの糖分が含まれており極甘口のタイプです。

その強いアルコールが食後の胃を刺激し、消化を促進することから食後酒として飲まれることが多いのも特徴です。さらに、強いアルコールはワインの保存性を高め、開封後も数ヶ月は風味が劣化することなく楽しめます。

終わりに

甘口ワインの奥深さはいかがでしたでしょうか?一概に甘口ワインと言っても世界には様々な種類のワインがあります。ぜひ、色々なスタイルのワインを試して、お気に入りを見つけてみてください。

Fortifyでは、実際に私たちが訪れ、試飲したワインのみワイナリーから直輸入しています。そのため、他では扱っていない高品質な甘口ワインをリーズナブルな価格で販売しています。


古い記事 最新の記事